炎上【桐生市路線バス 運転手が障害者に暴言】世間の反応


 2022年8月23日
 群馬県桐生市の路線バスで、運転手が障害者の乗客に暴言を浴びせたとして物議を醸しています。
 SNS等の投稿から、事件に対する世間の反応をまとめました。

スポンサーリンク


桐生市路線バス 運転手の暴言に対する世間の反応

 事件の概要はこちら。

群馬県桐生市の路線バスの50代の男性運転手が、左足と心臓機能に障害がある利用客の男性(68)に「早く降りろ」「(障害者手帳は)偽物だろ」といった暴言を浴びせていたことが22日、関係者への取材で分かった。運転手の勤務先で、市の委託を受けてバスを運行する同市内の企業は男性に謝罪した。
 同社などによると、運転手は6月21日、男性が降車する際に「早く降りろ」と怒鳴った。7月26日にも障害者手帳の提示を求めた上で「偽物だろ」「中身を見せろ」などと告げ、男性がバスを降りると自分も降車し、手帳を不正利用しているなどとののしった。
出典:yahooニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました