園子温の“性暴力” – 助監督は誰?


 2022年4月4日、映画監督の園子温さんの性加害が告発されました。
 そんななか、意外な第三者が加害者としてSNSを賑わせています。

スポンサーリンク


助監督は誰?

 加害者として報じられている園子温さん。
 その一方で、もう一人の加害者として報道されたのが”助監督”です。

「出演予定の女優を園監督が自分の事務所に呼び出して、性行為を迫ったけれど、彼女は断った。すると園監督は前の作品に出ていた別の女優を呼び出して、目の前で性行為を始めたというんです。それを見せられた女優が驚いて固まっていたら、一緒にいた助監督が外に連れ出してくれて。助かった……と思っていたら、今度はその助監督が彼女をラブホテルに連れ込もうとしたというのです……」
出典:週刊女性 PRIME

 目の前で起きたことに気が動転している女優さんをホテルに連れ込もうとしたのですから、事実だとすれば”助監督”もかなり悪質です。

 この”助監督”、いったい誰だったのでしょうか?
 記事によれば、園子温さんの出世作が2009年に公開された『愛のむきだし』。
 そこから快進撃が始まり、映画界で力を見せていったようです。
 『愛のむきだし』以降の園子温監督作品は以下の通り。

作品名 公開日
ちゃんと伝える 2009年8月22日
冷たい熱帯魚 2011年1月29日
恋の罪 2011年11月12日
ヒミズ 2012年1月14日
希望の国 2012年10月20日
地獄でなぜ悪い 2013年9月28日
TOKYO TRIBE 2014年8月30日
新宿スワン 2015年5月30日
ラブ&ピース 2015年6月27日
リアル鬼ごっこ 2015年7月11日
映画 みんな! エスパーだよ! 2015年9月4日
MADLY 2016年4月14日
ひそひそ星 2016年5月14日
新宿スワンII 2017年1月21日
アンチポルノ 2017年1月28日
クソ野郎と美しき世界「ピアニストを撃つな!」 2018年4月6日
愛なき森で叫べ 2019年10月11日
緊急事態宣言「孤独な19時」 2020年8月28日
プリズナーズ・オブ・ゴーストランド 2021年10月8日
エッシャー通りの赤いポスト 2021年12月25日

 今回騒がれている”助監督”も、これらの作品のどれかに関わっていたのかもしれません。
 『新宿スワン』や『映画 みんな! エスパーだよ!』は娯楽映画としても公開当時は世間を賑わせた作品でした。
 今回のような”性被害”に関係する作品は、地上波でも放映されなくなるのが一般的。
 作品自体に罪がないにも関わらず、露出が減っていくのは残念でなりませんね。

 今は一刻も早い真相の解明と、被害にあわれた方の心のケアを祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました